ベリリウム銅が持っている性質や使われている物質について

ベリリウム銅が持っている性質や使われている物質について

銅は建築用の金属材料としても使われている

金属の線材

銅といえば調理器具や電線に使用される金属材料というイメージがあります。
確かに銅は熱伝性や導電性に優れることから特性を活かした用途に使用されていますが金属材料としての活用はそれだけにとどまりません。意外と知られていませんが建築用の金属材料としても銅は欠かせない存在です。建築といえば鉄骨が定番ですが銅も様々な用途や用法に使われ建築を支えています。
建築用の金属材料として銅が用いられるのは主に伝統的な建築物が中心です。最新のビルや戸建てに銅が使われるケースは少ないのですが文化財などの伝統的建築物には銅が使用されている建物が多く見られます。金属としては柔らかく加工しやすい銅は装飾向きの金属として古くから使われてきた歴史があります。建物を彩る金属製の装飾物用の金属材料として広く使用されています。
建築材料としての銅がよく疲れているのが寺社仏閣です。寺社仏閣は伝統的な技法でたてられることが多く、指し員の建材や金属材料を使わないケースが多く見られます。一般的には建築物では屋根材としてガルバリウム鋼板が広く用いられていますが、寺社仏閣では伝統的な金属材料として銅製の銅板葺き屋根が使われています。
美しく輝く銅は時間の経過とともに緑青で変色しますが、それもまた味わい深さとして好まれています。

  • 並んだバネ

    硬貨に使用される金属材料「銅」のお話

    お財布に入っている1円玉から500円玉はどのような金属材料でできているかご存知でしょうか。1円玉はアルミニウムでできており、重さ1.0gというのは有名ですが、その他の硬貨には、「銅」が使われています。それぞれ見た目が違いますが、それ以外にどのような違いがあるのか紹介していきましょう。 5円玉は、「黄銅」と呼ばれる金属材料が使用されており、銅に亜鉛が20%以上混ぜられています。適…