ベリリウム銅が持っている性質や使われている物質について

ベリリウム銅が持っている性質や使われている物質について

硬貨に使用される金属材料「銅」のお話

並んだバネ

お財布に入っている1円玉から500円玉はどのような金属材料でできているかご存知でしょうか。1円玉はアルミニウムでできており、重さ1.0gというのは有名ですが、その他の硬貨には、「銅」が使われています。それぞれ見た目が違いますが、それ以外にどのような違いがあるのか紹介していきましょう。
5円玉は、「黄銅」と呼ばれる金属材料が使用されており、銅に亜鉛が20%以上混ぜられています。適度な粘りと硬さから加工しやすく、コンセントやコネクターにも利用されます。10円玉は、「青銅」と呼ばれる金属材料で、銅に亜鉛とスズを混ぜた材料です。ブロンズとも言います。鋳造が用意で配管材などに用いられます。50円玉は、「白銅」と呼ばれる金属材料で、ニッケルが混ぜられています。海水への耐食性に優れることから船舶部品の材料にも使用されます。100円玉は、50円玉と同じ「白銅」ですが、穴の有無や大きさが異なります。元々は銀を材料としていましたが、価格高騰から白銅に変更されています。そして、500円玉は、「ニッケル黄銅」と呼ばれる金属材料で、銅に亜鉛とニッケルを混ぜたものです。黄銅よりも引っ張り強さに優れることが特徴です。50円玉や100円玉と違い、亜鉛が混合されることで黄色みを帯びています。

  • 並んだバネ

    硬貨に使用される金属材料「銅」のお話

    お財布に入っている1円玉から500円玉はどのような金属材料でできているかご存知でしょうか。1円玉はアルミニウムでできており、重さ1.0gというのは有名ですが、その他の硬貨には、「銅」が使われています。それぞれ見た目が違いますが、それ以外にどのような違いがあるのか紹介していきましょう。 5円玉は、「黄銅」と呼ばれる金属材料が使用されており、銅に亜鉛が20%以上混ぜられています。適…